top of page
検索

ピッキング:トーンとコントロールを向上させる方法

ギターの演奏は芸術であり、他の芸術と同様に適切な道具が必要なものです。ギタリストにとって最も重要な道具のひとつがピックですね。ピックはトーンやコントロールに大きな影響を与えます。このブログでは、ギター・プレイを上達させるためのピックの選び方と使い方をご紹介します。サイズ、厚み、グリップ、スタイル、テクニックなど、考慮すべき要素は様々です。それらを一緒に探っていきましょう。




1. 適切なピックの選択

ピックの厚みは演奏スタイルに大きく影響します。細いピックは、弦の上を滑りやすく、スムーズで流れるようなサウンドが得られるため、速弾きの曲に最適です。一方、リード・パートには厚めのピックが適しています。より強いアタックとダイナミックな音域で演奏できるため、各音の音量や音色をよりコントロールしやすくなるからです。常に、演奏するパートに最も適したピックを選びましょう。


2. ピックの角度

ピックが弦に当たる角度も、ギターの音色に影響を与えます。ピックが弦に直接当たらないように角度をつけることで、特にストラミング時にスムーズなトーンを得ることができます。また、ピック・ノイズを減らし、よりプロフェッショナルな演奏が可能になります。練習の際、ピックが弦に当たる角度を試してみましょう。演奏スタイルによっては、ピックの角度を変えた方が適している場合があります。自分の演奏スタイルに合ったポジションを見つけましょう。ピックを使う角度も、曲や演奏スタイルによって変わるかもしれません。繰り返しになりますが、「一長一短」というわけではありません。


3. サイズの問題

ピックのサイズも演奏スタイルに影響を与えます。小さめのピックは、速くテクニカルな演奏ができ、一音一音をより正確にコントロールできます。一方、大きめのピックは幅広いリズム奏法に適していて、一度に複数の弦を簡単に鳴らすことができます。僕は通常、常に同じサイズのピックを使っていて、速いリードを弾くときは、ピックをポイントに近づけて持っています。リズム・パートをかき鳴らすときは、ピックの太いほうを持ちます。ピックを手に持つ位置を変えることで、ピックのサイズを効果的に調整できるのです。けれど、ギタリストの中には極小ピックを愛用する人もいます。標準サイズから始めて、他のサイズも試してみることをお勧めします。自分のプレイ・テクニックに最も適したサイズを選びましょう。


4. ピックの握り方

ピックの握り方も音色やコントロールに影響します。ピックをきつく握りすぎると、弦を強く擦ってしまい、音が硬くもろくなってしまいます。その代わりに、ピックをゆるく持ち、弦を滑らせるようにすると、よりスムーズで心地よい音色になります。演奏中に握る強さを変えることで、音楽にアクセントやダイナミクスを生み出すこともできます。このようなピック・コントロールが初心者とプロを分けるのです。ギターの音色やダイナミズムを見れば一目瞭然です。正しい奏法で演奏するために、先生の指導を受けることは有益かもしれません。アメリカン・ギター・アカデミーへもぜひお越しください。無料体験レッスンのご予約はこちらから。


5. いろいろなピックを試す

ピックには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。自分の演奏スタイルに合ったピックを見つけるために、恐れずにいろいろ試してみましょう。曲によってピックが決まることを忘れないでください。必ずしも「一長一短」とは限りません。あなたが学んでいるギター・スタイルに合ったピックを選びましょう。僕はギターケースに小さな入れ物にいろいろなピックを入れています。また、財布の中にも常に数種類のピックを入れています。演奏する音楽のタイプによって、それに合ったピックを選ぶこと!


6. 代替案を探る

一般的なピックを選ぶ手もありますが、それに代わるものもたくさんあります。ピッキングとコード弾きの両方に親指を使うことを好む人もいます。親指は暖かく、ソウルフルなトーンを生み出します。また、多くのギタリストは、ピックの代用として爪を使います。爪を使うことで、ギター・ピックでは不可能なフィンガースタイル・パターンを演奏することができるのです。クラシック、フラメンコ、多くのラテン・スタイルのギター演奏に好まれる奏法でもある「ハイブリッド・ピッキング」のスタイルもあります。けれど、このスタイルに違和感を感じ、ピックだけ、あるいは指だけを使うことで生まれる個性に欠けると感じる人もいるのは事実。それぞれに利点があり、演奏にユニークな音色と感触を与えることができるので自分に合った演奏方法を選ぶようにしましょう。




ピックを選ぶ

ピックに正解はありません。プレイヤーは一人ひとり違うし、ある人には合っていても、別の人には合わないこともあります。けれど、これらのポイントを念頭に置くことで、自分のサウンドを向上させ、自分の演奏に合ったピッキング・スタイルとトーンを見つけることができます。一番大切なことは、ギターを弾くことを楽しみ、音楽を通して自分自身を表現することです。ピックはあなたの演奏をより良いものにするためにあるのですから、十分に考慮し、練習時間にピッキングに取り組んでください。

ハッピー・ピッキング!


-Ryan


ピッキングに関する詳しい情報や、新しいスタイルのピッキングに挑戦するためのガイダンスをご希望の方は、アメリカン・ギター・アカデミーの無料体験レッスンの受講をぜひご検討ください。当校の講師はプロの音楽家としての経歴を持ち、あなたの演奏の上達のために具体的で詳細なアドバイスをご提供いたします。

Comments


bottom of page