top of page
検索

バレーコードって何?どうやって弾くの?

バレーコード サバイバル・ガイド

ステップ1:弾きやすいポジションを見つける。

ステップ2:人差し指を6本の弦すべてに置く。

ステップ3:人差し指の力を抜いて、クリアに聞こえるように支える。

ステップ4:そっと弾く(慣れるまでは!)



(Fバレーコードのチャートです。多くの人がこのコードが弾けずにギターを弾くことを辞めてしまいますが、誰もが苦労するところなので出来なくても気落ちしないように!)

ギタリストになるための通過儀礼であるバレーコード。多用途でありながら、時に厄介なこのコード・シェイプは、練習室やジャム・セッションを悩ませてきました。もしあなたがこのコードと格闘したことがあるなら、それはあなただけではありません。バレーコードの世界に分け入り、その秘密を解明し、克服するためのツールを身につけましょう。


音楽において、バレーコード(バー・コードとも表記される)は、ギターなどの弦楽器で、指板の1フレットをまたいで複数の弦を1本の指で押さえることで演奏されるコードの一種です。人差し指で弦を "バー "のように押さえることから、"バー・コード "とも呼ばれるようになりました。


さて、さらに掘り下げてみましょう:


定義とテクニック


バレーコードは、ギターの開放弦の音色に制限されずにコードを弾くことができます。ギターが通常のコンサート・ピッチ(開放弦E、A、D、G、B、E)にチューニングされている場合、オープン・コードにはこれらの音が1つ以上含まれていなければなりません。


バレーコードを演奏するには、ギタリストは人差し指で特定のフレットをまたいですべての弦を押さえ、移動可能なコード・シェイプを作ります。ほとんどのバレーコードはネックの上下に動かすことができるため、さまざまなキーで演奏することができます。


バレーコードはポピュラー音楽でもクラシック音楽でもよく使われ、しばしば「オープン」コード(ギターの開放弦がコードを構成する)と組み合わせて使われます。


表記と綴り


本来の綴りはフランス語で "barre"。

しかし、この言葉はしばしば "e "の上に鋭角アクセントを付けずに "barre "と綴られます。

イギリスのウェスト・ミッドランズなど、地域によっては "barr "と表記されることもあるが、あまり一般的ではありません。ギタリストは通常、バレーコードを、特に標準チューニングに開放音が少ない場合(その結果、オープン・コードのフィンガリングがほとんどない場合)、高いポジションのコードをボイシングするために使用します。


課題と音質

複数の弦を1本の指で押さえる必要があるため、特に初心者にとって、バレーコードの演奏は難しいかもしれません。クローズド(フレットあり)の音はオープン(フレットなし、解放弦)の弦とは異なる響きを持つため、この奏法は音質に若干の影響を与えます。難易度は高いものの、バレーコードをマスターすることは、ギタリストのコード・ボキャブラリーを増やし、演奏の幅を広げるために不可欠です。スペルが "barre "であろうと "barre "であろうと、これらのコードはポップスやロック・ミュージックにおけるサウンドの特徴的な部分であることを覚えておきましょう!


バレーコードにはいくつかの種類があり、フル・バレーコードと部分的なバレーコードがあリります。フル・バレー・コードは人差し指で6本すべての弦を押さえるのに対し、部分的なバレーコードは人差し指で一部の弦だけを押さえます。バレーコードは、ギターを弾く手の握力と器用さ、そして演奏中の両手の協調性が要求されるため、ギター初心者には難しいかもしれません。しかし、継続的な練習と忍耐によって、バレーコードをマスターし、ギターで様々な曲を演奏するための重要なツールとすることができます。




では次にノイズを出したり、左手が伸びたりすることなく、クリアな音を出せるようになるためのバレーコードの練習のコツとテクニックをご紹介します:


・軽いゲージの弦から始めましょう: 軽いゲージの弦は押さえやすく、バー・コードを弾きやすくします。


・正しい手の位置を練習する: 手と手首がコードを形成するために正しい位置にあること、親指がギターのネックの後ろに位置していることを確認しましょう。


・フレットを弾く手に力をつける :定期的なエクササイズでフレットを弾く手に力をつけると、弦を押さえる際の違和感が少なくなり、コントロールしやすくなります。


・ゆっくりとコードを弾く練習をしましょう:一番低い弦を弾くことから始め、慣れてきたら徐々に音を増やしていきましょう。


・いろいろな指の形を試してみましょう: いろいろな指の形を試して、自分に合ったものを見つけ、よりクリアな音を出せるようにしましょう。


・ミュートは正しい奏法で: 不要な弦が鳴ってしまうのを防ぐため、弾いていない弦をミュートするときは、フレットの近くを押さえるなど、適切なテクニックを使いましょう。


・休憩を取る: バレーコードを弾くのは手に負担がかかります。適度に休憩をとるように。


継続的な練習によって、これらのヒントとテクニックはギター学習者がバレーコードをよりコントロールし、明瞭に演奏し、高いレベルの演奏を習得するのに役立ちます。バレーコードは手の痙攣や実存的な危機への入り口かもしれませんが、マスターすることで音楽の可能性が広がります。


次回のブログでは、より多くのヒントやコツ、そして時折セッションのご紹介をします。

あなたのバレーコードが常にチューニングされたものでありますように!


Ryan

Comments


bottom of page