top of page
検索

ギターを始める理想的な年齢とは?

ギターを始めるのに理想的な年齢というのは、あなたがギターを習い始めたいと思った年齢です!ギターを弾くには年齢が高すぎるという生徒の悩みや、ギターを弾いている人を見て興奮している若者を見たことがありますが、年齢が若すぎるためにその興奮が育まれないということはよくあることです。


僕の最年少の生徒で、どちらかというと野心的だったのは、わずか5歳の暴れん坊の双子の女の子でした。最終的にはうまくいかなかったが、少なくとも彼女たちには挑戦する機会があった。この生徒には明確な目標があり、強い決意でその目標を達成しました。


人生は旅であり、目的地ではない。誰もが自分の道を歩み始め、さまざまなところで回り道をする。時には変化を求めることもあり、それが「中年の危機」という概念に由来します。


ガスリー・ゴーヴァンは、3歳という若さでプレーを始めた。その年齢では、誰もが特定のテクニックを披露できないような身体的制限があったが、いわばボールは転がり始めていた。チャック・ベリーやシーシック・スティーヴのように、幼少期は音楽に手を出していても、大人になってから真剣に取り組み、高い評価を得るようになった有名なプレイヤーはたくさんいます。


困難な局面を乗り越える決意と願望が必要です。誰もが演奏したい理由を持っているわけではないので、理由が思いつかなくても心配する必要はない。


もしあなたが遅く始めた人であれば、無理強いすることはギターを恨むことになることを理解しておくことが大切です。同じコインの反対側で、適切な励ましがなければ、最初の炎は消え始めるかもしれません。


教える側の立場から、ギターを学ぶ際のポイントをしっかり押さえておきましょう。


低学年向けには、上達するためには以下のようなアイデアがあります:


・簡潔で一貫性のあるレッスン

・遊びの要素を増やす(音楽ゲームなどでもよい)

・適切なアレンジの曲(何が効果的かを知る責任は教師にある)


年長の生徒や、音楽的に成熟した生徒には、別の方法で学ぶことが効果的である。別のアプローチとしては、次のようなものがあります:


・より早い段階で、より具体的なテクニックに焦点を当てる

・音楽理論とその応用を最初から学ぶ

・音楽を学ぶための全体論的アプローチ

・音楽全般に対する幅広い理解


科学的な見地から、幼少期にギターを始めることで潜在的な利点があることが研究で示されています。子供の脳の発達は早く、ギターを取り入れることは生徒の助けになる可能性があります。しかし、僕が知る限りでは、幼少期にギターを始めた場合と、高齢になってから集中して練習し鍛錬した場合の違いを比較した研究はありません。個人的な考えですが、各年齢層には相互に排他的な多くの要因があり、「年長か年少か」を正確に判断することはできません。


ここで、指導の観点からではなく、学生に特化したトピックをいくつか見てみよう。



若いうちから始める


若いうちに学ぶことの長所を簡単に挙げてみよう:


・必ずしも最初に理解する必要がなくとも、概念を拾い上げる天性の能力

・無限のエネルギー(非常にうらやましい!)

・すでにどれだけ努力してきたか気づかないことから来る無知からの至福

・音楽レッスンに出席することに関して、金銭面まで不安がることがない


では、いくつかの短所を挙げます:


・注意力の違い。誰もが異なっており、地理的な位置も一因を担うことができますが、学生が若ければ若いほど、それは彼らが十分に長い間集中し続けることが困難になります


・注意散漫になりがち。ビデオゲームやソーシャルメディア、光り輝くものなど、即座に満足感を得られる魅力は、練習から集中力を奪ってしまう可能性がある


・身体的な限界がある可能性。ギターを正しく持てない/間違った姿勢で持てない、弦を正しく押さえることができない、ギターを持って立つことができない(これは座ることと同じくらい重要だ)などの問題を含む。


大人になってから始める


年上の学生には、異なる長所と短所があります。ただ、これは一般論であり、常にそうであるとは限らないことを覚えておいてください:


この年齢からギターを始める長所としては、学習における練習と決意を理解し、その結果、より良い準備ができることです。通常、自分が何を望んでいるのかも明確です。


あるいは、次のような短所もあります:


・責任を感じることがある。レッスンにどれだけの費用がかかるかを敏感に察知し、しばしば自分の上達度と比較し、その過程で自分自身を厳しく判断してしまうこと


・すべての人がそうではないが、大人の中には自分より若い人から指導を受けることに抵抗を感じる人もいる。


・身体的な制限 。高齢の生徒の中には、高齢になることでまったく異なる制限を受けることがある(重度の関節炎を患っていた65歳の生徒のケースを思い出します)


・お金へのアクセス。 趣味をきちんと確立する前に、大金をつぎ込む大人をよく見かけます。個人的な裕福さに関係なく、愚かな行動だとは思う。


ギターを学び始める年齢に関係なく、ギターを学ぶことには素晴らしい利点がありますどんなミュージシャンでも、グループの一員として演奏することは、たとえ一人であっても、やりがいのある不思議な体験だと言うだろう。ギターを学ぶ目的、あるいは他の楽器を学ぶ目的は、楽しむところから来るものであり、それがすべての人の心に残るものであるべきだ。


独学でギターを弾くことについてのブログ記事も参照していただきたい(こちらで読むことができます)。独学でギターを弾くことは、まったく問題のない学習方法であり、充実した経験でもありますが、インストラクターから学ぶことの主な利点のひとつは、すでにあるものをサポートし、褒めながら、上達するように優しく励ましてくれることだと思います。適切な講師は、年齢に関係なく前進する手助けをして くれますし、生徒によっては、ギター演奏の道のりをさらに進んでいる人からの確認という単純なものである場合もあります。



自分が学ぶ準備ができているかどうかは、どうすればわかる?


長年教えてきて、とにかくやってみたいという生徒が何人も僕のところに来ました。それは素晴らしいことであり、たいていの場合、満足し、幸せな生徒へと導いてくれます。一方、具体的な目標を持っている生徒もいれば、なぜ自分がそこにいるのかわからない生徒もいる。


一番幸せなのは、楽器の上で音を出すのが好きな生徒たちだ。以前は曲全体の一部でしかなかった特定のギター・パートやリフ、ソロに惹かれるようになるかもしれない。


棒をギターに見立てたり、何にでも合わせてエア・ギターを揺らしたり、音楽に興味を持ったりしている子供がいる、あるいはそのような子供が身近にいるのなら、ギターを手に持たせて、何が起こるか見てみることをお勧めします!もちろん、他にも試すべき楽器はあるので無理強いはしないが、ギターが最もクールであることは誰もが知っていることです!


結論として、ギターを習うのに年齢制限はありません。それよりも、自分の内面を見つめて、自分のため、あるいは他の人のために決断するべきだ。誰の意見も気にせず、計画を立て、短期、中期、長期の目標を設定しよう。


迷っているけれど、やってみたいという気持ちがあるのなら、以下のスケジュールを目安にすることをお勧めする。できるだけ早く、自分が何を学びたいかを考え、適切なギターを手に入れ、友人からアドバイスをもらったり、オンラインで学んだり、先生を探したりする。その後数ヶ月の間に、初歩的なレパートリーを習得し、打ち込み、コード、ピッキング、メロディー、リフを組み合わせた曲を弾けるようになりましょう。この時点で、それが長い目で見て追求できるものであるかどうかは明らかなはずです。先生の助けを借りて、将来の目標を設定しましょう。


先に述べたように、人生は旅であり、目的地ではない。あなたが幸せであれば、それでいいのです!


Alex

閲覧数:15回0件のコメント

コメント


bottom of page