ライアン

>
>
the-american-guitar-academy-logo.png
出身:
言語:

アメリカ

英語、日本語

ライアンはアメリカ出身、テネシー州ナッシュビルのベルモント大学でギター・パフォーマンスを専攻、卒業しました。

その後、スイングジャズバンドのメンバーとしてアメリカ東海岸の名所でツアーを行い、あらゆるアメリカの音楽(ニューオーリンズ、シカゴ、ニューヨークのジャズ / テキサス、セントルイス、メンフィスのブルース / ナッシュビル、ケンタッキー州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州のカントリーやブルーグラス)を演奏ました。 その経験から、デューク・エリントンの名言として知られている「音楽には二種類しかない。善い音楽と悪い音楽とだ。」にあるように、ライアンはすべての音楽のルーツは同じ根源から生まれていると確信しました。

ライアンはまた、サクソフォン奏者のアレックス・グラハム(Alex Graham)指導のもと、ミシガン州のマッキナック島のグランドホテルオーケストラでハウスミュージシャンとして働いていました。 その間、フィンガースタイルやソロ・ギターのレパートリーを熱心に習得し、オーケストラと共にさまざまなポップスやクラシックジャズを演奏しました。 そしてライアンは、日本の言語、文化、そしてもちろん音楽への興味を追求するために、東京に移住しました。アメリカンギターアカデミーは、ライアンを講師の一人として迎えられた事を嬉しく思っております!