リボン

>
>
the-american-guitar-academy-logo.png
出身:
言語:

アメリカ

英語、日本語

ミシガン州デトロイトで生まれたリボーンは、5歳から活動的なミュージシャンです。高校時代には、世界的に有名なハープ奏者、パトリシア・テリー ・ロスから声楽とハープ演奏を学びました。 また、ロバートハリス監督による才能のある若いミュージシャンのためのノースウェスタン大学の音楽研究所に出席しました。 彼女は2003年の秋にミシガン州立大学に入学し、そこで音楽教育を学びました。 その間、彼女はオペラ出演者のAnne NispelとHarland Jenningsと学びました。 オペラのパフォーマンスから学ぶにつれて、彼女は週に一度の公演、月一度のステージでパフォーマンスを始めました。 その後、彼女はモーツァルトのドン・ジョヴァンニのオペラステージに初めて登場しました。

 

演奏とともに、Rivonneは熱心な音楽教育者でもあります。 彼女はミシガン州ランシングにあるBlack Child and Family Instituteで子供の聖歌隊を始めました。 彼女はまた、Erich Wangemanの助言のもと、ミシガン州ハスレットのHaslett High Schoolでインターンを行いました。 卒業後、彼女はその学区の小学校、中学校、高校の聖歌隊を教えることにりました。

 

彼女の経歴はクラシック音楽と教育ですが、リボーンはポップミュージックも得意としています。 ミシガン州立大学在学中、彼女は有名なジャズヴォーカリスト、サニー・ウィルキンソンと学び、Sunny’s Vocal Jazz Ensembleで、難易度の高いボーカルハーモニーやボーカルアレンジを歌いました。 クラシックとジャズに加えて、リボーンはゴスペルシンガーでもあります。 彼女はミシガン州ランシングにある聖ステファンのコミュニティ教会の聖歌隊と長編ソロのソプラノ部門のリーダーで、バンドは優れたジャズベーシストのRodney Whitakerによってリードされていました。 彼女の最新のステージパフォーマンスはJim Crow's Tearsの俳優兼シンガーとして、ミンストレルショーの歴史と今日のポップミュージックとの関係を時系列にした解説的なステージミュージカルで、カウント・ベイシー・バンドのトランペット奏者、クリストファー・ジョンソンによって書かれました。 彼女の最新の功績は2011年6月、日本のテレビ番組、のど自慢世界大会に参加し、他の9人の競技者と競いました。 300満点のうち299ポイントで評価された優勝者でした。  

 

彼女は日本では様々なホテルやパーティーのステージで活動しています。 現在、リボーンは川崎に住んでおり、音楽と日本での経験で人生を楽しんでいます。